2月2日(土)10:00より、日頃お世話になっている宮の沢町内会節分行事のお手伝いに行ってきました。
地域の小学生と父母の皆様が町内会館に集まり、鬼のお面製作、豆まきなどを行う行事ですが、毎年手稲エリアの職員が鬼に扮し、子供たちが投げる豆の標的になるという重大な任務を任されております。
今年も手稲リハビリテーションセンターとグループホーム風車の家より選抜された鬼達が太鼓の音に合わせ会場に乱入!子供たちはびっくりしたり、泣き出しながらも、必死に鬼に向かって豆を投げつけ、見事に成敗していました。
豆まきは4回に分けて行われ、そのたびに子供たちを驚かせたり、楽しませようと最後まで全力で演じきった鬼達に拍手!
DSCF1990

鬼達は大声で叫びながら会場内を所狭しと走り回ります
そしてステージ上のお子様達から豆をぶつけられます
傍らには鬼の熱演を微笑ましい表情で見守る施設長が
DSCF1989
豆まきの合間に休憩中のリアルな鬼達