就職活動中の学生さん必見!!
現役介護職員からのメッセージ♪♪

『コロナに負けない!』と題して情報発信を行っていますが、前回に引き続き今回も就職活動中の学生さんに対して、手稲リハビリテーションセンターで働く、現役の介護職員よりメッセージをお届け致します。

【プロジェクト第五弾】
・桑原 修平(くわはら しゅうへい)さん  2011年4月入社 (介護リーダー)
・横山 貴久(よこやま たかひさ)     2007年4月入社 (インタビュアー)

INTERVIEW(桑原 修平さん)

IMG_5897
Q1.自分の所属しているユニットはどんな雰囲気のユニットですか?
“笑顔溢れるユニット♪”
・私が所属しているユニットは、利用者様・職員共に明るい雰囲気が多く、いつも笑顔が溢れているユニットです。普段からこまめにコミュニケーションをとるように心掛けているので、職員同士の風通しも良く関係性も良好です。

Q2.手稲リハビリテーションセンターのウリを教えてください。
“働きやすさがウリ!!”
・手稲リハビリテーションセンターのウリとしては、人材育成のプログラムがしっかりとしており、新入社員には専属の先輩職員(トレーナー)がついてくれるため、安心して一から仕事を覚えることが出来る体制が整っています。ユニット内もバタバタと忙しそうな雰囲気は無く、それも職員の関係性が良い事から業務の引き継ぎや連携がスムーズに行えているからではないかと感じています。
その他にも、緊急時対応などがある時以外は定時で退勤することが出来ていますし、有給休暇が取りやすいこともウリの一つではないかと思います。また、上司と話し合う機会があり、自分では見えない欠点や直すべき点も振り返ることが出来るため、自分自身の色々なスキルアップに繋がっています。

☆★養成校の学生さんへメッセージ★☆
新型コロナウィルスが流行し、授業や実習・就職活動もままならない状況ではあるかと思います。本来であれば実習などを通じて施設の雰囲気などを感じることで、「ここの施設で働いてみたい!」等という意識が芽生えるところではないでしょうか。私たちは、そのような施設の中身について、少しでも皆さんの情報源となるようにという思いで情報発信を行っています。
手稲リハビリテーションセンターは先輩職員が優しく教えてくれるので、皆さんが「一緒に働いてみたい!」と思っていただけたら幸いです。
私は、札幌社会福祉専門学校を2011年3月に卒業しましたが、同じ職場に同じ専門学校の先輩が働いているということに、凄く親近感を感じると思います。
是非、僕たちと一緒に働いてくれませんか!?
IMG_E5899

広報委員  横山 貴久


【バックナンバー】

①『コロナに負けない!』プロジェクト第一弾はこちら
②『コロナに負けない!』プロジェクト第二弾はこちら
③『コロナに負けない!』プロジェクト第三弾はこちら
④『コロナに負けない!』プロジェクト第四弾はこちら
⑤『コロナに負けない!』プロジェクト第五弾はこちら
⑥養成校プロジェクト第一弾はこちら