タグ:介護予防センター西町

介護予防センター西町です!

地域の高齢の方々を支援させていただいていますが・・・

コロナ禍で集まって体操を行ったり交流することが難しい状況になっています

そこで!!

『今だから出来ること!!』

と考え導き出したのが『文通』です。
予防センター西町が仲介役となって世代間交流を文通で行っています!!


文通
文通⑵


小学生や高校生、専門学生や障害を持つ方々との文通を行っています。


北海道新聞のミニコミ誌『道新をウォーク』と『道新トーク』にも掲載されました!!
ウォーク②
トーク (2)


この状況でできる細やかな繋がりを楽しんでいただいてます

状況が落ち着いたら文通相手との交流会も企画したいと思っています




みなさま、こんにちは。
今回は、やまべェ体操の”肝”と言っても過言ではない”スクワット”をご紹介します。
太ももの前側・後ろ側、お尻、ふくらはぎ、背骨周囲の筋肉をトレーニングしましょう!


前回紹介した ひざ回し から・・・
スクワット①
ひざを曲げ、ゆっくりと腰を落とします
スクワット②
【ポイント】
  ① ひざが、つま先より前に出ない
  ② 背筋を伸ばしたまま上半身を前に倒し、おしりを引く
  ③ 上半身と頭部を一直線に

スクワット③
ちょっと難しいかもしれませんが、イスに腰掛けるイメージでやってみましょう。
人によっては膝に負担がかかるので注意が必要です。最初は浅く、できる人は少しずつ深く曲げましょう。膝を曲げると痛い人は、できるだけ浅く、もしくは無理してやらないようにしましょう。

次回はスクワットが難しい方向けに、座った状態での”膝の曲げ伸ばし”をご紹介します。

※ やまべェ体操の本編は札幌市西区役所ホームページのやまべェ体操のページよりご確認ください。

 新型コロナウィルスによって北海道と札幌市による緊急共同宣言が発表された4月、当施設でも先々の職員用マスクの確保が非常に危ぶまれている状況でした。
 そこで地域の皆さまにマスクを作っていただける方を募集したところ、11名の方々が手をあげてくださいました。その方々のご協力によって確保できた枚数は、なんと400枚以上!
マスクたくさん
 日頃の各活動を通じた地域の方との繋がりが、今回の施設へのご支援に繋がりました。地域の皆さまあっての社会福祉法人・宏友会であることを実感しております。
 再び来るかもしれない感染の流行への備えとしても、ありがたく使わせていただきます!

感謝の気持ちを込めて・・・
デイ&特養

 ご利用者様・ご家族様・地域の皆様におかれましては、いつも大変お世話になっております。
 毎年この時期になりますと、当西野ケアセンターの藤棚がきれいに花開き、多くの方々がご覧に来てくださっています。
 しかしながら、今年は新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、藤棚見物はお控えいただきますようお願いします。
このため、当面の間藤棚の出入り口は封鎖させていただきます。
 いつも楽しみにしてくださっている皆様には大変申し訳ありませんが、何卒ご理解・ご容赦の程、よろしくお願い申し上げます。

※ なお例年、路上駐車をされて見物される方も見受けられますが、交通
 の妨げになるため、あわせてお控え願います。

                西野ケアセンター統括施設長 菊地 伸

IMG_2012
来年はお越しいただけるようになりますように…

こんにちは。
今回は、やまべェ体操の”膝まわし”をご紹介します。
股関節まわりの筋肉や、膝を曲げる筋肉が複合的に使われてトレーニングされます。
また前回の”ひざ上げ”同様、片足立ちになるのでバランストレーニングにもなります。


前回のひざ上げ運動 → 足踏み運動と続き、、、
膝まわし
膝を高く上げてから、横にまわして下ろします

【ポイント】
 ・身体全体をまっすぐ安定させながら回す(フラフラしない)
 ・なるべく大きく回す
 ・ただし、転ばず安全にできる程度で(イスに座ってやってもOK)

これは、「横にまたぐ」という動きです。
車に乗る、浴槽に入る、食卓のイスから立ち上がって横にずれる など、日頃よく行う動作に通じます。
筋力や柔軟性が落ちると、”自分の予想”と”実際の足の上がり” にギャップが生じ、モノにつまづくことがあります。
その予防・改善のために、しっかりトレーニングしましょう。

次回は、スクワットをご紹介します。

※ やまべェ体操の本編は札幌市西区役所ホームページのやまべェ体操のページよりご確認ください。

↑このページのトップヘ