タグ:手稲リハビリテーションセンター

IMG_9057

手稲リハビリの実習生のご紹介をいたします。
札幌医療秘書福祉専門学校 介護福祉科 1年生のお二人で、11/13~12/13迄の実習期間を終了いたしました。
水野 萌々 さんと 髙松 桃香 さんです。昨日は、実習終了前日となり「カフェ ふうしゃ」にて実習報告会を、三原施設長と行いました。
感謝の気持ちを込めて、宏友会のボールペン(笑顔・ありがとう 宏友会)をプレゼントしました。
実習お疲れ様でした。


令和元年6月23日(日)、朝まで雨模様でしたが、7時過ぎから雨も上がり、8時より町内会役員の方々と草刈作業を開始しました。今回は手稲リハ施設長とGH風車の家管理者が参加、約1時間半の作業をお手伝いしてきました。
IMG_20190623_091031
9時からは、お手伝いの方も増え、10時半には宮の沢川散策路の草刈作業を終えることが出来ました。
IMG_20190623_091143
きれいになった散策路、是非皆様もお散歩してみてはいかがでしょうか?

2月2日(土)10:00より、日頃お世話になっている宮の沢町内会節分行事のお手伝いに行ってきました。
地域の小学生と父母の皆様が町内会館に集まり、鬼のお面製作、豆まきなどを行う行事ですが、毎年手稲エリアの職員が鬼に扮し、子供たちが投げる豆の標的になるという重大な任務を任されております。
今年も手稲リハビリテーションセンターとグループホーム風車の家より選抜された鬼達が太鼓の音に合わせ会場に乱入!子供たちはびっくりしたり、泣き出しながらも、必死に鬼に向かって豆を投げつけ、見事に成敗していました。
豆まきは4回に分けて行われ、そのたびに子供たちを驚かせたり、楽しませようと最後まで全力で演じきった鬼達に拍手!
DSCF1990

鬼達は大声で叫びながら会場内を所狭しと走り回ります
そしてステージ上のお子様達から豆をぶつけられます
傍らには鬼の熱演を微笑ましい表情で見守る施設長が
DSCF1989
豆まきの合間に休憩中のリアルな鬼達

平成30年11月10日(土)、西区医療福祉ネットワーク主催の施設見学ツアーが行われ、手稲リハビリとGH風車の家では、地域住民の方々16名を西野地区センターよりお車で送迎し、両施設の見学ご案内をさせて頂きました。
IMG_20181110_104653
IMG_20181110_123852

まず最初に手稲リハビリテーションセンター内でパンフレットや利用料金の説明を行なった後、それぞれの施設のユニット内を見学して頂きました。
P1000015
P1000019
P1000024

見学が終わり西野地区センターにお送りした後は施設選びについての講演会も行われました。
IMG_20181110_150930
地域住民の皆様にとって、少しでもお役に立てる情報提供ができたのであれば幸いに思います。当日ご参加戴きました皆様、本当にありがとうございました!

IMG_5505

11/1本日は、開園記念日です。
お昼のお膳は、お刺身の盛り合わせと茶碗蒸しが付きました。


IMG_5508
IMG_5519

そして開園記念のお祝いにお菓子をご用意いたしました。
宏友会は1974年の設立で44年が経過しております。そんな話をさせていただきながら
ショートケーキとプリンを皆様にお届けいたしました。おやつの時間に召し上がっていただき、お腹も膨らみ笑顔がこぼれるひと時となりました。

↑このページのトップヘ