タグ:手稲リハビリテーションセンター

コロナ禍における就職に向けた特別授業
“高齢”・“障がい”・“法人”の垣根を超えた関わり

例年ですと、養成校から介護実習の受け入れをしている時期ですが、今年は新型コロナウィルスの影響により介護実習が予定通りに行えない状況となっています。
そのようなコロナ禍で、養成校の先生方とは連絡を取り合いながら介護実習の代替案を検討したり、就職活動に向けて養成校と施設で何か取り組めないかと検討を重ねていたところです。


そこで今回は札幌医療秘書福祉専門学校さんへお邪魔し、特別授業として講義の一コマをご準備して頂き就職指導という形でお話しさせて頂きました。
また普段からお付き合いのある「社会福祉法人 愛敬園」さんとご一緒させて頂き、“障がい”の分野は北愛館さんが、“高齢”の分野は手稲リハビリテーションセンターが担当し、施設の取り組みについて説明させて頂きました。
IMG_1011
IMG_1016
それぞれの施設の取り組みを説明した後には就職活動における不安や悩みを少しでも軽減できるように質疑応答の時間も設定し、札幌医療秘書福祉専門学校からお互いの施設へ就職した先輩職員との意見交換も行いました。
IMG_1025
札幌医療秘書福祉専門学校さんとのご縁で、今回は貴重なお時間を頂きありがとうございました。
これから就職活動を迎える学生さんの不安や悩みが少しでも解消されたなら幸いです。
また、他の養成校においても同様に、不安や悩みを抱えている学生さんは数多くいらっしゃるのではないかと思いますので、今回このブログをご覧になり手稲リハビリテーションセンターに興味・関心を持たれた方はお問い合わせ頂ければと思います。


広報委員  横山 貴久

【バックナンバー】

①『コロナに負けない!』プロジェクト第一弾はこちら
②『コロナに負けない!』プロジェクト第二弾はこちら
③『コロナに負けない!』プロジェクト第三弾はこちら
④『コロナに負けない!』プロジェクト第四弾はこちら

子育て世代のママさん必見!!

手稲リハビリテーションセンターで
仕事と子育てを両立している職員を直撃!!

 

『コロナに負けない!』と題して、少しでも手稲リハビリテーションセンターの実態を知っていただこうと情報発信を行っています。

今回は“子育てをしながら働く”というテーマに着目し、実際に手稲リハビリテーションセンターで働いている子育てママさんを直撃しました。

 

 

【プロジェクト第四弾】

・中山 彩野(なかやま あやの)さん  20198月入社 (介護職員)

・嵯城 敬基(さじょう ひろき)さん  20124月入社 (介護リーダー)

・横山 貴久(よこやま たかひさ)   20074月入社 (インタビュアー)

 

INTERVIEW【中山 彩野さん】

IMG_E58860
 Q1.手稲リハビリテーションセンターは子育てしやすい職場ですか?

“先輩ママさんが沢山いるので心強い!”

・産休(産前産後休業)、育休(育児休業)、時短(育児短時間勤務)を活用し、復職されている職員や、私と同じように子育て中の職員もたくさんいることから、とても心強く励みになります。同じ立場になって考えてくれる職員が数多くいるので、子育てしやすい職場環境だと感じています。

 

Q2.仕事をしながら子育てに不安や悩みはありますか?

“突発的な休みは皆に迷惑を掛けていないかと心配…”

・子供が風邪を引いた時や体調を崩した時など、急遽仕事を休まなければならない場合には不安があります。「私が欠勤したら他の職員に迷惑がかかってしまう。」という気持ちがどうしてもあります。

 

Q3.その不安や悩みはどのように解消していますか?

“家族も職場もサポートしてくれる♪”

・やはり家族のサポートが大きいですね。身近に母もいるので突発的なことがあると、子供を預かってもらえることもあるので安心して仕事に行くことが出来ます。どうしても預けられない時にはお休みを頂かなければならないので、ユニット職員同士の信頼関係も重要かと思います。「自分が欠勤したら他の職員に迷惑がかかってしまう」という気持ちがどうしても残ってしまいますが、翌出勤日にはユニットの職員から「大丈夫だった?」「無理しないでね。」等の暖かい言葉を掛けてもらえると、不安に思っていた気持ちから解放されます。

 

Q4.出産・育児しやすい会社のサポートはありますか?

“女性に優しい職場♪”
・産休(産前産後休業)、育休(育児休業)、時短(育児短時間勤務)などの体制が整備されていますし、妊娠中にも緩和措置が様々設定されており、女性に優しい職場であると感じます。突発的なお休みを取らなければならない時には、ユニットの職員の協力もあり勤務調整してもらうことができるため、安心して子育てをすることが出来ると感じています。

 

Q5.今後の目標

“笑顔を大切に☆彡”

IMG_E5854
・ユニット全体が明るい雰囲気であって欲しいと思っているので、職員同士コミュニケーションを図り、ご利用者様との関わりを大切にしていきたいと思います。誰からも信頼される介護職員を目標として日々努力していきたいです。

 

 

INTERVIEW【嵯城 敬基さん】

IMG_E58770
 Q1.子育てしながら仕事をする中山さんをどう思いますか?

“しっかりしていて何でも出来ちゃうスーパーママさん♪”

・客観的になってしまいますが、子育てしながら仕事をすることはとても大変なことだと思いますし、両立されていることは凄いなと思います。仕事に対しても真面目に取り組まれていて、いつも前向きな姿勢で働いており、私も中山さんの働き方から学ぶことがあります。一緒に働く仲間としては、もちろん頼りにしていますが、子供さんと一緒に過ごす時間も大切にして欲しいと思っています。

 

Q2.子育てしながら働く方に対して、自分のユニットならこんなサポートが出来るというポイントはありますか?

“まずは相談しやすい雰囲気づくりから…”
・やっぱり子供さんとの時間を大切にして欲しいと思いますし、子育てにイレギュラーなことはつきものだと思います。まずは職員がリーダーに対して相談しやすい雰囲気をつくらなければいけないなと日々感じていますし、そのことを意識したコミュニケーションを取るように努めています。相談をしていただければ、シフト(休み希望)の調整や、業務内容の調整など、出来る限りサポートしていければと感じています。
IMG_E5872

 

Q3.今後の目標

“みんながやりがいをもって安心して働けること!!”

・子育てしながら仕事をしている方はもちろん、これから結婚・妊娠・出産を経験される職員もいるかと思います。そのような方が安心して働けるような職場を目指していきたいと思います。また、産休・育休を終えて復帰する時には、同じユニットに戻ってきたいという意見も聞くことがありました。やはり、同じ目標をもって一緒に頑張って取り組んでいることから「やりがい」を感じてもらえる職員が多いのではないかと感じます。同じ会社で長く勤めるには「やりがい」が無いと続かないと思いますので、リーダーとして「やりがい」を見出していけるような職場環境にしていきたいと思います。

 

 

 

『コロナに負けない!』プロジェクト第四弾はいかがでしたか?

今後も引き続きいろいろな情報発信をしていきたいと思います。

また「こんなことが知りたい!」などご意見・ご要望があればコメントお願い致します。

今後の情報発信の参考とさせていただきます。

 

【次回予告】

『養成校の学生さん必見!!』先輩職員からのメッセージ!!

 

広報委員(インタビュアー) 横山 貴久

 

 

【バックナンバー】

     『コロナに負けない!』プロジェクト第一弾はこちら

     『コロナに負けない!』プロジェクト第二弾はこちら

     『コロナに負けない!』プロジェクト第三弾はこちら

新型コロナウィルスの基礎知識と
手稲リハビリの予防対策の実態!

今回は手稲リハビリテーションセンターの事業所内研修についてお伝えしたいと思います。
先日、鈴木直道 北海道知事が「新北海道スタイル」を示されました。
「新北海道スタイル」にも記されている通り、北海道民には新しい生活様式の実践が求められています。
事業所内においても同様に「新北海道スタイル」の7つのポイントへの取り組みが求められており、手稲リハビリテーションセンターでもポスターを掲示するなどし啓発を行っています。
IMG_0956
「新北海道スタイル」に関するHPはこちらをクリック!!

【プロジェクト第三弾】
事業所内研修「感染症予防」
①食中毒
②新型コロナウィルス

今回の研修では「新北海道スタイル」に準じて、感染予防の重要さを改めて学び直しました。
もちろん感染予防対策(換気やソーシャルディスタンスなど)を講じた環境での研修開催です!!
IMG_0924
研修テーマでもある「感染症予防」において、食中毒も新型コロナウィルスも同様に手洗いが大切です。
手洗いチェッカーを活用し、手指にはどれくらいのウィルスが付着しているのか、手洗いによってどれくらいのウィルスが落ちるのか、効果的な手洗いとはどのような方法なのかという点に着目し研修を行いました。

手洗いチェッカー専用のローションを手指に塗り込むと下の写真のようにウィルスの付着が再現されます。
手洗いなし
「手洗いなし」の場合では、約100万個のウィルスが残存しているといわれています。

それでは「流水で15秒手洗い」すると、どう変化するでしょうか?
下の写真を見てみましょう。
水洗いのみ
一見あまり変化が無いように見えますが、「流水で15秒手洗い」をすると、手指に付着したウィルスは約1万個に減少すると言われています。

それでは「洗剤で10秒手洗い後、流水で15秒すすぎ」すると、どう変化するでしょうか?
下の写真を見てみましょう。
1度洗い
少し変化が見られてきました。
「洗剤で10秒手洗い後、流水で15秒すすぎ」すると、手指に付着したウィルスは約100個まで減少するといわれています。

それでは効果的な手洗いとはどのような方法なのでしょうか。
下の写真は「洗剤で10秒手洗い後、流水で15秒すすぎを2セット」行ったものです。
2度洗い
この方法で手洗いを行った場合は、手指に付着したウィルスは数個まで減少すると言われています。
長い時間をかけて1回手洗いをするよりも、短い時間で2回手洗いするほうが効果的ということになりますね。
ただ、自分の利き手によっても洗い方には変化が出ますし、爪や指間・手のシワは意識的に洗わなければ、洗い残しが出やすい箇所にもなりますので、皆さんも参考にしてみてください!!


続いて新型コロナウィルスについてです。
日々情報が更新されている最中ではありますが、現在わかっている情報を基に研修を行いました。
その中でも「新北海道スタイル」を基に職場環境を整えていく必要があることから、手稲リハビリテーションセンターでは、下の写真のように事務所のデスクや応接室、多目的室やユニットに手作りのアクリル板を設置し、飛沫感染の予防に努めています。
IMG_0960
写真にもスプレーボトルが写っていますが、ボトルの中身は消毒用アルコールです。
職員が意識的にこまめな消毒が行えるように施設の全職員に支給されています。
また館内の消毒作業場所をリストアップし、時間を設定することで消毒作業の徹底を図っています。
その他にも定期的な換気や、体調管理の徹底など色々な取り組みを実施しながら感染予防に努めています。

この先も新型コロナウィルスの動向は刻々と変化していくことが予測されますが、入居者様の安全はもちろん施設職員の安全も守るために、当施設では新型コロナウィルスに関する最新情報にアンテナを張り巡らせ、新たな情報から現状行っている感染予防をより良いものに改善していくよう努めていきます。



『コロナに負けない!』プロジェクト第三弾はいかがでしたか?
今後も引き続きいろいろな情報発信をしていきたいと思います。
また「こんなことが知りたい!」などご意見・ご要望があればコメントお願い致します。
今後の情報発信の参考とさせていただきます。

次回予告…『子育て世代必見!!』仕事と子育てを両立している職員にインタビュー!!


広報委員  横山 貴久


【バックナンバー】

①『コロナに負けない!』プロジェクト第一弾はこちら
②『コロナに負けない!』プロジェクト第二弾はこちら

コロナ禍における介護施設への就職活動中の学生必見!!
手稲リハビリテーションセンターの人材育成の実態!!

先週より『コロナに負けない!』と題してプロジェクトを企画し、少しでも手稲リハビリテーションセンターの実態を知っていただこうと情報発信を始めました。
養成校では新型コロナウィルスに伴う緊急事態宣言の対応で講義自体もままならない状況であり、介護実習も延期せざるを得ない状況となっています。そんな中で就職活動も行わなければならない卒業生にとって、介護施設へ足を運ぶ機会を失っているということは、介護施設の実態を目で見て知ることが出来ないということです。情報がないまま就職活動をしなければならないという辛い状況であることを施設側も十分に理解し、手稲リハビリテーションセンターとしては、少しでも施設の実態を知ってもらう術はないだろうかと考え、まずはブログにおいて情報発信することとしました。卒業生にとっては一番身近な新入社員のリアルな声をお届けし、今感じている不安を少しでも和らげていただければ幸いです。

【プロジェクト第二弾】
・山本 啓人(やまもと ひろと)さん  2020年4月入社 (新入社員)
・土谷 優香(つちや ゆうか)さん   2017年4月入社 (人材育成トレーナー)
・横山 貴久(よこやま たかひさ)   2007年4月入社 (インタビュアー)

INTERVIEW 【山本 啓人さん】

IMG_E5766

Q1.入社する前はどんな不安がありましたか?
“とにかく何もかも不安”
・手稲リハビリテーションセンターに入社することが決まった時から、とにかく不安や緊張に襲われていました。私は高校在学中もバイトなどをしたことがなく、高校を卒業すると同時に社会に出るということが決まったため、「社会経験が無いままで本当に大丈夫なのだろうか?」ということが常に頭を巡っていました。

Q2.実際に働き始めて、その不安は解消できましたか?
“職場の雰囲気が精神的安定に”
IMG_E5775
・働き始めは何もかも初めてのことばかりで、とにかく毎日緊張しながら仕事をしていました。わからないことはトレーナーが細かく教えてくださり、ユニットの職員も気にかけて声を掛けてくださっていたためか、働き始めて一ヶ月ほど経った頃には、いつの間にか職場の雰囲気にも慣れきており、緊張や不安も和らいできていることを実感しました。

Q3.仕事をしていて楽しいことや、難しいことはありますか?
“ケアは十人十色”
・働いていて楽しい部分は、やはり人と人との繋がりを実感できることです。ご利用者様とコミュニケーションをとっていると、教わることも多々あり毎日が勉強です。
逆に難しいと感じる部分は、ご利用者様一人ひとりに合わせた介助(ケア)を提供することが難しいと感じています。ご利用者様が変わればケアも変わり混乱することもありますが、そこには提供しているケアに根拠があり、一人ひとりの状態像が異なるからだと教わりました。ご利用者様一人ひとりに合わせたケアが提供できるように、メモをとったり繰り返し実践することを心掛けています。

Q4.トレーナーの土谷さんはどんな人ですか?
“笑顔が素敵な優しい人”
・本当に優しい方だと思います。自分が困っている時や、わからないことがあると、その不安を察してくれているようで、トレーナーの土谷さんの方から声を掛けてくださり話しを聞いてくれます。親切にアドバイスをしてくれる笑顔の素敵な優しい人です。

Q5.オフ(休日)の過ごし方や、ストレス発散方法を教えてください。
“音楽鑑賞やゲームでストレス解消”
・音楽は「Vaundy」というアーティストの楽曲を良く聞きます。ゲームは「Apex Legends」というバトルロイヤルゲームが好きで、オフの日はゲームで一日終わってしまうことも度々・・・。(笑)

Q6.今後の目標
“一つひとつ丁寧に”
・入社して3ヶ月目に入りましたが、まだまだ不慣れで至らない点が多々あり不安な部分もありますが、ユニットの職員が支えてくださるという安心感があるので、まずは一つひとつ丁寧に覚えることからはじめていきたいと思っています。ご利用者様が安心して日常生活を送れるように努力していきます!!


INTERVIEW 【土谷 優香さん】

IMG_E5759

Q1.入社後に一番苦労したことは何ですか?
“人を知るということ”
・私も入社して間もない頃は、ご利用者様とのコミュニケーションに苦慮していました。入社直後は緊張もありましたし、介助(ケア)をしている時には、そのことばかりに集中してしまって、気がつけば会話がなくなっていることも多々ありました。「なぜ会話が続かなくなるのか?」ということは、今思い返せばすぐに理解出来ますが、当時はとりあえず業務を覚えることに必死で気付きませんでした。まずは自分がコミュニケーションを取ろうとしている相手のことを知ろうとする気持ちがあるかどうかだと思います。

Q2.人材育成のトレーニングを通じて難しいと思うことはありますか?
“「伝えること」と「伝わること」の違い”
・指導方法は指導する対象者によって理解度も異なり、一つのことを指導しようとした時、10割説明しなければならない人もいれば、5割程度説明すれば理解してくれる人もいます。難しいことは指導する対象者が、自分の伝えたかったことをしっかりと理解してくれているかどうか見極めることだと思います。そのためにも“伝えた”という事実に自己満足するのではなく、「どのように伝えたら一番わかりやすいか」ということを考えながら伝え、しっかり理解されたかどうか確認するようにしています。

Q3.人材育成のトレーニングを通じて自分が成長していると実感することはありますか?
“相手の心理や立場に寄り添う”
IMG_E5768
・自分が新入社員だった頃は、業務を覚えることで頭がいっぱいでした。今、トレーナーとして新入社員をトレーニングする立場となり、自分の経験を基にアドバイスすることが出来るようになったと感じています。業務を覚えることに集中している中で、声を掛けるタイミングや伝え方を意識することの大切さを学びました。

Q4.山本さんはどんな人ですか?
“一所懸命な努力家”
・本当に一所懸命な方だと思います。わからないことは自ら質問され、不安を残したままにしないように努力されていますし、一つひとつ丁寧に覚えようとしている姿が印象的で、とてもしっかりした方だと思います。

Q5.オフ(休日)の過ごし方や、ストレス発散方法を教えてください。
“買い物がストレス発散方法”
・今は新型コロナウィルスの影響で外出することは控えていますが、本来であれば買い物などしてストレスを発散したいところです。早く普通に外出できる日が戻って欲しいです。

Q6.今後の目標
“自己研鑽”
・今年で入社して4年目となり、認知症介護実践者研修などに派遣される予定となっています。今まで中々そのような機会が少なかったので、これから研修を通じて新たな知識や技術等を磨き、ご利用者様が手稲リハビリテーションセンターで安心して生活を送れるように、努めていきたいと思っています。また、他施設を訪問する機会もあるかと思いますので、他施設におけるケアの在り方も学び、活かしていけるようになりたいと思っています。



『コロナに負けない!』プロジェクト第二弾はいかがでしたか?
今後も引き続きいろいろな情報発信をしていきたいと思いますので、乞うご期待!!
「こんなことが知りたい!」などご意見・ご要望があればコメントお願い致します。
今後の情報発信の参考とさせていただきます。



最後にはなりますが、手稲リハビリテーションセンターの藤の花も見頃となっています。
来年はご家族様と一緒にご覧いただけることを祈っています…。
IMG_E5780
広報委員(インタビュアー) 横山 貴久


【バックナンバー】

①『コロナに負けない!』プロジェクト第一弾はこちら

コロナ禍における介護施設への就活者必見!!
手稲リハビリの人材育成の実態を直撃!!

現在コロナウィルス感染症は、全国の緊急事態宣言が解除され収束しつつありますが、高齢者や基礎疾患を有する方については重症化することがわかっており、未だ治療方法が確立されていない中で、多くの高齢者施設が引き続き入館制限をせざるを得ない状況であることかと思います。
そこで、手稲リハビリテーションセンターに来たくても来ることができない方に向け、当施設を少しでも知ってもらおうと、『コロナに負けない!』と題してプロジェクトを企画し、当施設に勤めている施設職員を紹介していこうと思います。


【プロジェクト第一弾】
・品田 零海(しなだ れみ)さん  2020年4月入社 (新入社員)
・石山 未来(いしやま みく)さん 2016年4月入社 (人材育成トレーナー)
・横山 貴久(よこやま たかひさ) 2007年4月入社 (インタビュアー)

INTERVIEW 【品田 零海さん】
IMG_57132
Q1.手稲リハビリテーションセンターを選んだきっかけは?
“あたたかい雰囲気が印象的”
面接に来たとき、顔を合わせる職員みんなが、とてもあたたかく迎え入れてくださり、「ここでなら安心して働ける!」と実感したことが決め手でした。また、以前働いていた職場もユニット型の特養であり、そこでの経験を活かせると思ったからです。

Q2.実際に働き始めて2ヶ月が経ちますが、職場の雰囲気などはいかがですか?
“ご利用者様ファースト!!”
IMG_E5718
職員の皆さんはとても優しい方ばかりで安心して勤務することが出来ています。特にご利用者様のことになると、ユニットの職員みんなで考えているという印象を強く感じます。

Q3.トレーニング(人材育成)について、どう感じていますか?
“マンツーマンのトレーニングなので安心♪”
新人一人ひとりにトレーナーさんがついているので安心です。特に一人ひとり成長するスピードが違うと思うので、その理解度に合わせて丁寧に指導してもらえていると実感しています。

Q4.オフ(休日)の過ごし方
“趣味は食べ歩き♪♪”
以前は道内各地を巡り食べ歩きをするのが大好きでしたが、新型コロナウィルスの影響で今は我慢しています。最近は友人とオンライン飲み会をして盛り上がっています!!

Q5.トレーナーの石山さんはどんな人ですか?
“心から誠実な人!!”
いま提供しているケアが、本当にご利用者様の為になっているのか、もっと安心して頂ける方法はないかなど、常に振り返りしながら働いている姿が印象的です。本当に誠実な人だと心から感じています。

Q6.今後の目標
“まずは信頼関係を築くことから…”
私自身を受け入れてもらうために、まずはご利用者様からも、職員からも信頼してもらえる介護職員を目指しています!


INTERVIEW 【石山 未来さん】
IMG_E57261
Q1.人材育成のトレーニングにおいて意識していることは何かありますか?
“相談しやすい雰囲気づくり”
本人のできる力(スキル)や意欲を勘案し、ひとり立ちするまでの期間を考え、あまり負荷がかかり過ぎないようにペースを考えながら指導することを心掛けています。特にひとり立ちした後には、中々相談しにくいと思うので、ある程度の自信を持ってもらいつつ、悩み困っている時に相談しやすい雰囲気をつくるように心掛けています。

Q2.人材育成のトレーニングを通じて自分が成長したと思うことはありますか?
“根拠のある説明”
IMG_E5736
ご利用者様のケアについて、何故そのように対応しているかなど、説明するときには根拠を示し伝えるように意識しています。その過程で、自分自身も改めて再確認することができていると実感し、ケアの見直すきっかけともなっています。

Q3.人材育成のトレーニングを通じて自分に足りないと思うことはありますか?
“説明することの難しさ”
根拠のある説明が重要だと思っていますが説明している内に、いつの間にか何度も同じ内容を話していることに気付くことがあります。話しの要点を簡潔にまとめ説明することについて、改めて難しいと実感し、その能力が不足していると感じています。

Q4.オフ(休日)の過ごし方
“Stay Home♪”
新型コロナウイルス感染症の予防対策として、通勤時以外は出来るだけ外出を自粛するように心掛けています。最近は撮り溜めていたテレビ番組を観ています。

Q5.品田さんはどんな人ですか?
“接遇が天下一品!”
第一印象は「凄く言葉遣いが丁寧」だと感じていました。その第一印象は今でも変わらず、思いやりの心もあり、接遇マナーは見本となるような人だと思います。その上、ご利用者様や他の職員の動きを見ながら、的確に行動に移せており、気付くという能力に優れていると思います。

Q6.今後の目標
“想いをカタチに!!”
人材育成については、自信を持って指導に当たれるよう、自分の知識や技術などスキルを向上していけるように努力したいと思っています。また、入居されている方々が、心地良く生活を送ることができるように、自分ひとりの想いだけでなく、他のユニット職員や他施設を知っている品田さんと意見を交換し、想いを共有しながらひとつひとつカタチにしていきたいと思っています。



『コロナに負けない!』プロジェクト第一弾はいかがでしたか?
このプロジェクトは「手稲リハビリテーションセンターをもっと知ってもらいたい」「興味を持ってもらいたい」という思いから企画致しました。
今後もいろいろな企画をしていきたいと思いますので、ご意見・ご要望があればコメントお願い致します。
施設職員紹介はこれからも続きますので、乞うご期待!!!

余談ですが、今回インタビュアーを務めた横山は、13年間勤めていた同法人の西野ケアセンターから4月より異動して参りました。ご挨拶が遅くなって申し訳ありません。これからよろしくお願い致します。
IMG0001
広報委員(インタビュアー) 横山 貴久

↑このページのトップヘ