タグ:西野ケアセンター

先日(10/4)に収穫祭を行いましたが、そこで収穫されたサツマイモが、施設の管理栄養士さんの力で見事な大学いもへと生まれ変わりました!

IMG_3674

味はどうなのか気になりますよね??
・・・皆さんのご想像通り美味でした!!

そして、この美味しさを今年度の栽培でご尽力頂いたケアハウスの方々にもお裾分けすべく、贈呈式という形でサプライズを仕掛けました!

IMG_3669

ケアハウスの方々もとても喜んで受け取って頂けましたが、贈呈する側の特養の利用者様もご覧の通り笑顔です!

IMG_3671


そして、今年度の「ありがとうございました。」というお礼と、来年度も「よろしくお願いします。」というお願いを込めて贈呈式です!

ケアハウスの方々、今年度もご協力ありがとうございました。
また来年度もご協力をいただければと思いますのでよろしくお願い致します!

介護主任 横山

本日、AIRオートクラブ・損保ジャパン日本興亜の皆様に
西野ケアセンター・西野デイサービスセンター内にあります
沢山の歩行器・車椅子を整備・清掃していただきました。
DSC_1349
歩行器・車椅子の数はたぶん90台ほど。
本当にたくさんの皆様のお力で
あっという間にピカピカにしていただきました。
DSC_1346
DSC_1345

皆様は毎年、近郊の老人ホームを回り、
あっという間に車椅子をピカピカにしているそうです。

今年はご縁がありまして、西野ケアセンターに来ていただきました。
西野ケアセンターを代表して施設長からたくさんお礼を伝えていただきました。
DSC_1353

本当心から感謝です。
皆様がピカピカにしてくれた車椅子。これからも大切に使用します。
DSC_1352

お疲れ様でした。本当にありがとうございました。

10月に入り朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたが、皆さんお元気でお過ごしでしょうか?

当施設の4階のルーフガーデンでサツマイモを栽培していましたが、ご協力をいただいていたケアハウスの方々より、「そろそろ、サツマイモ(収穫しても)良い頃だよ!」とアナウンスがあり、本日収穫祭を行いました!

IMG_3635

助っ人(ケアハウスの方々)のご協力のおかげで、立派なサツマイモをたくさん収穫することができました!

IMG_3639

特養の利用者様も「立派だね!」「美味しそうだね!」等と話されながら、収穫したサツマイモを手に取り良い表情です!!

IMG_3646

IMG_3647

さて、今回収穫したサツマイモは、どの様な形で提供されるのでしょうか?
あとは食すのみです!!施設の管理栄養士さんの腕に期待です!!
乞うご期待!!

介護主任 横山

「以前、そちらを家族が利用していた者です。介護用品の寄贈をしたいのですが…」
とお電話をいただきました。5~6年程前に頂いたご縁でした。

今は行き来のない状態で、西野ケアセンターを思い出していただけたこと
とてもうれしく思います。

私たちもお名前を聞いて、その方を思い出し「こんなことあったよね」と
当時を思い出すことができました。

頂いたものは大切に使わせていただきます。
本当にありがとうございました。

再び頂いたご縁に心より感謝いたします。




暑い日が続いていますが、皆さん体調は崩されていませんか?
西野ケアセンターの特養では、館内の環境整備として、各フロアにエアコンの設置を行い、施設でお過ごしの利用者様はもちろん、施設職員にとっても働きやすい環境となり、今後も利用者様の体調管理に努めていきたいと思っています。

さて、体調管理について一つ報告ですが、先日特養における委員会の活動として、札幌歯科医師会より講師をお招きし、介護・口腔ケアセミナーを開催致しました。

DSC_0819

前半は「口腔ケアの実際」という題目で講義を聴講しました。
日本における死亡原因の第一位は悪性新生物(癌)、第二位は心疾患というのは一昔前から変わりはありませんが、第三位にはなんと肺炎が入っていました!!
また、肺炎で死亡する人の95%は65歳以上の高齢者の方だそうです!
その中でも誤嚥性肺炎によるものが多く、口腔機能の低下や口腔ケアの不行き届きが原因ともいわれています。

DSC_0867

講義後は、実技指導を含め研修を展開していただきましたが、適切なブラッシングを行えていたとしても、すすぎが上手く出来ていなければ、歯についていた菌を剥がしただけとなり、口腔内に菌を浮遊させてしまうことで、菌を誤嚥し肺炎のリスクを高めてしまうとの事でした。

DSC_0895

高齢になると味覚の機能が衰えるともいわれていますが、その立場になってみるという体験も行いました。
唾液が少なく口の中が乾燥しがちな高齢者の口腔内を再現した状態で塩を含むというものでしたが、唾液が十分に分泌されないと、味を感じにくいことも体験から学びました。

また、実際に入居されている利用者様にモデルとなっていただき、適切な口腔ケアの技法などを実技を通して学ばせていただきました。

食事口腔委員会が中心となり、今回の研修で学んだことを現場スタッフへフィードバックし、口腔ケアの充実を図っていきたいと思います!

今回、ご講義いただいた木本様、ありがとうございました。

↑このページのトップヘ