タグ:西野デイサービスセンター

何年も咲いていなかった「ハイビスカス」
DSCN0344

利用者さんに相談し、皆様のご協力を頂き、プロジェクトがスタートしました!
葉が伸びすぎていると、自宅から先手ばさみを持ってきてくださり、全体のカットから始まりました!
DSCN0560

鉢が小さすぎると植え替え作業をしてくれました。職員は何もわからず、利用者様のお力を借りるばかりでした。置き場所や手入れの仕方、水やりまで本当にすべてを教えてくれました!
DSCN1278

日の当たる場所に置き、新しい葉がどんどん伸びてきました。肥料を持ってきてくださり栄養を与え、つぼみが見えました。アブラムシが花芽に集まり、筆を持って来てくれ虫との戦いもありました。

DSCN1280
9月1日朝職員が出勤すると
   真っ赤な「ハイビスカス」が咲いていました。
皆様のご協力でプロジェクトは大成功!
つぼみはまだまだたくさんついています、1日しか持たない花ですが、皆様の目を楽しませてくれると思います。
ご協力いただいた皆様・見守ってくれていた皆様本当にありがとうございました!

8月3日から訓練室の配置が変わりました。
DSCN1243

広い空間利用し、ソーシャルディスタンスを取りながら運動できるようにしました。
DSCN1242

テーブルを3台にし利用者様同士の距離も離し、マスクの着用や換気もしています。
また、使用した器具類はすべて使用した人ごとに、消毒しています。
暑い時期、マスクをしての運動は熱中症の危険もあり、空調設備を利用したり、小まめな水分補給を促しながら運動を行っています。
DSCN1239
まだまだ暑い日が続きますが、皆様の身体機能維持に向け一緒に頑張っていきましょう!

 新型コロナウィルスによって北海道と札幌市による緊急共同宣言が発表された4月、当施設でも先々の職員用マスクの確保が非常に危ぶまれている状況でした。
 そこで地域の皆さまにマスクを作っていただける方を募集したところ、11名の方々が手をあげてくださいました。その方々のご協力によって確保できた枚数は、なんと400枚以上!
マスクたくさん
 日頃の各活動を通じた地域の方との繋がりが、今回の施設へのご支援に繋がりました。地域の皆さまあっての社会福祉法人・宏友会であることを実感しております。
 再び来るかもしれない感染の流行への備えとしても、ありがたく使わせていただきます!

感謝の気持ちを込めて・・・
デイ&特養

デイサービスでは毎月1回ご当地の美味しいものを昼食メニューに取り入れています!
本日は鹿児島県の「温たまらん丼とさつま汁」でした

IMG_2726


「温たまらん丼」利用者さんも職員も初めて聞くメニューに興味深々・・・
調べてみると・・・鹿児島県指宿氏の温泉地の源泉を利用した「砂蒸し温泉卵」
が有名でそこから「温たまらん丼」が誕生したそうです

ピリッと辛い鶏南蛮とトロトロの温泉卵が絶妙のハーモニー
104_0993
皆さんで美味しく頂きました

外出自粛を続けている中、少しでも旅気分を味わって頂けたでしょうか
これからもグルメの旅楽しみにしていてくださいね

 ご利用者様・ご家族様・地域の皆様におかれましては、いつも大変お世話になっております。
 毎年この時期になりますと、当西野ケアセンターの藤棚がきれいに花開き、多くの方々がご覧に来てくださっています。
 しかしながら、今年は新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、藤棚見物はお控えいただきますようお願いします。
このため、当面の間藤棚の出入り口は封鎖させていただきます。
 いつも楽しみにしてくださっている皆様には大変申し訳ありませんが、何卒ご理解・ご容赦の程、よろしくお願い申し上げます。

※ なお例年、路上駐車をされて見物される方も見受けられますが、交通
 の妨げになるため、あわせてお控え願います。

                西野ケアセンター統括施設長 菊地 伸

IMG_2012
来年はお越しいただけるようになりますように…

↑このページのトップヘ